日本港湾空港建設協会連合会は、深刻化する人手不足に対応するための
 一定の専門性・技能を有し即戦力となる特定技能外国人の受入れ制度における
 建設分野の職種「海洋土木工」の受入れを支援します。
 2020年5月に当連合会本部内に外国人材センターを設置して取り組みを進めています。


    特 定 技 能 外 国 人 受 入 れ

                                                
                                                
                                                
 

 

      
      
      〇特定技能1号評価試験(海洋土木工)の実技訓練ビデオ NEW!
       建設技能人材機構において、特定技能1号評価試験が実施されています。
       海洋土木工職種の実技試験について、試験を受験される方の参考となるように、実技試験の実施例ビデオを作成いたしました。
       
       ビデオは、実技試験に合わせて「綱取り作業の試験実施例」、「玉掛作業の試験実施例」、「クレーン作業の合図の試験実施例」の3種類を用意しております。
       受験のための事前の学習になりますので、ぜひ、活用して下さい。
       
        綱取り作業の試験実施例    玉掛作業の試験実施例    クレーン作業の合図の試験実施例 

      〇建設分野特定技能1号技能評価試験について、2021年9月2日付で以下を掲載いたします。
       9月2日より前に掲載していたものが変更されています。ご確認いただき、ご活用ください。

       海洋土木工のテキスト(2版)  全体   その1   その2   その3 

        学科試験サンプル問題       

        実技試験問題 

      ○「海洋土木工」の受入れについて

         
別添のセミナー資料(2020年10月15日実施)をご覧ください。 日港連セミナー資料(PDF)
  
 
       
      ○外国人への「海洋土木工」の紹介のためのビデオを作成いたしました。 海洋土木工の紹介ビデオ
        ベトナム国でビデオを使った紹介を実施しています。  

      

      
        ○建設分野の特定技能外国人の受入全般については、
        一般社団法人建設技能人材機構(JAC)のHPをご覧ください。 一般社団法人 建設技能人材機構HP
  
        
<日本港湾空港建設協会連合会 問合せ先>
        外国人材センター事務局
        担当:大西
        電話:03-3432-2671 FAX:03-3432-2693
        e-mail:onishi@nikkoren.com